ダイエットの秘訣・食欲のコントロール~ダイエット指南書

ダイエットの成功のカギをにぎる食欲をコントロール方法について考えてみたいと思います。

普段、どうしても食べたい食欲を感じた場合は、体を動かしたりして気分転換を図るようにすることをおすすめします。脳が衝動的に、食欲を強く感じるのはせいぜい10分程の間で、その間とにかく体を動かすようにしていれば、自然と食欲がおさまってきます。

物事に集中しているときは、お腹が空いていることから遠ざかることが出来ます。ダイエット中は、出来る限り何か集中できることをたくさん作るということは、食欲中枢を刺激することから、少しは麻痺させることにつながります。ダイエットを始めた頃には、やはり、毎日の食事や間食のペースなどが変化しますから、その変化にいかに対応するかということを、いろんな方法で実践してくことが大切です。

そんな場合は、掃除機をかける、洗濯物を干すなど、体を動かす家事などに集中したりすれば、動いた分だけカローリーを消費することにつもつながり、一石二鳥でダイエットの効果が現われるということにもつながりますね。

また、歯を磨いたり、うがいをしたりして、口の中をすっきりするという方法もいいかと思います。それだけでも結構気分が変わるので、食べたいという欲求が解消する場合もあります。どうしても食欲が我慢できなくなったときには、よく冷たい氷を口にしたりすると良いといいますが、私の場合は、ジュースを凍らせておくようにしています。氷など冷たいものは頭をクールダウンさせ、ジュースの糖分により食欲を抑えてくれるといいます。冷たいものは、取る量も、カロリーも少量で済みます。

精神的なストレスが原因で起こる食欲に対しては、マッサージやお風呂に入るのが効果的でしょう。お風呂は、なるべくぬるま湯でゆっくりとつかることによって心身ともにリラックスして、情緒を安定させることによって、ダイエットの成功のカギをにぎる食欲という「課題」に理性的に対応出来るようになるでしょう。食欲という本能的・原始的な感情をいかに、あらゆる方法を使って理性的に対応出来るかどうかということです。

■【効果的で健康的なダイエット指南書・ご案内】
関連記事

PR

痩せたい人のダイエット指南書

人気ダイエット商品、ダイエットの基本から裏技まで、健康的に痩せたい方のための効果的なダイエット法をご紹介しています。
サイト運営者:Hiromi
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス