腸内環境とダイエットの関係~ダイエット指南書

ダイエットは、まずは、腸内環境を整えることから

腸内環境の改善は、健康な体には、不可欠です。 一般的に、私達の腸内には、100種類もの腸内細菌が、住み着いているといわれ、なんとその数は100兆個にも達すると云われています。 その腸内細菌のことを「腸内フローラ」といいますが、ちょうど顕微鏡で観ると「お花畑」(=フローラ)のように見えることから、そのように云われています。

 腸内細菌は、その働きによって大きく3種類に大別されます。

それは、体に良い影響を与える「善玉菌」、悪い悪影響を与える「悪玉菌」 そして、時と場合によって、どちらにも働いてしまう「日和見菌」の3種類です。 「善玉菌」としてよく知られているのは、「ビフィズス菌」ですね。腸の整腸を助けます。

「悪玉菌」の代表としては、 「ウェルシュ菌」というものがあります。 私達の普段の健康な腸の中では、この2つの細菌がいつも闘いを繰り広げているのです。従って、善玉菌が伸びれば腸内環境が良くなり、悪玉菌が伸びれば腸内環境は 悪くなるということになります。

善玉菌は病原菌と戦い有毒物質を体外に排泄し、便秘を防ぎ、体の抵抗力を強くします。

一方、悪玉菌は、腸内のたんぱく質を腐敗させて有毒物質を作り老化を早め、発がん性物質を作り不健康にします。

「病気の、大半は大腸から」と言っておられるお医者様もいらっしゃいます。 腸内環境が悪化する原因としてはストレスや食生活が主な原因となります。 従って、普段から、規則正しい食生活や、ストレスをためない環境づくりに留意し、腸内環境を整える事によって、体の抵抗力を高めるようにしましょう。 健康な体は、新陳代謝が活発になり、ダイエット効果を高める元になります。

関連ページ
■ダイエット指南書~基本と知識
 ◆【サイト案内】効果的なダイエット指南書
 
関連記事

PR

痩せたい人のダイエット指南書

人気ダイエット商品、ダイエットの基本から裏技まで、健康的に痩せたい方のための効果的なダイエット法をご紹介しています。
サイト運営者:Hiromi
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス