ダイエットと基礎代謝の関係~ダイエット指南書・基本と知識

生きていくのに最低限必要な機能を維持するためのエネルギー

基礎代謝とは、人間が生きていくのに最低限必要な機能を維持するためのエネルギーで、生命を維持するために対必要な体温だとか、心臓を動かすとかで消費されるエネルギーの事を指します。

ちなみに成人男性で1日1200~1500kcal程度、成人女性で1000kcal~1300kcalが一般的な数値です。しかし、基礎代謝は男女とも10代をピークに、年齢とともに少しずつ減少します。40代を過ぎると急激に低下するとされています。

成人女性だと、10代で約1200kcalが50代になると1000kcalくらいに減ってしまいます。そのため、年をとっても若い頃と同じような食事量をとっていると、急に太ってしまうことがあるのです。

これに「生活代謝」を足したがエネルギー、日々の「消費エネルギー」となります。「生活代謝」とは生活における活動で消費されるエネルギーの事です。消費エネルギーは「基礎代謝 + 生活代謝」となります。

ダイエットとしての効果を上げる為には、「基礎代謝」か「生活代謝」のいずれかまたは両方を増やせば良いのです。様々なダイエット法の多くは、不必要以上に取り入れたエネルギーを「生活代謝」の部分で合理的、積極的に消費することが目的なのです。

基礎代謝をあげる為の方法
身体の中で最もエネルギーを消費する器官は「筋肉」なのです。だから「筋肉」を筋肉を衰えさせないように、増やすことが「基礎代謝」をあげる為の一つの方法になります。「筋肉」が発達するとそれだけ基礎代謝の為の消費エネルギーが増えるので、一般的な方法として、筋力トレーニングをして「筋肉」を増やすのが最も効果的です。

別の方法として「血行」を良くさせることも基礎代謝を上げるためのポイントになります。

体内でのエネルギーの運搬は血液を介して行われます。ですから、血行が良くなれば、新陳代謝が促進され基礎代謝もあがる訳です。具体的なほう方法として、ストレッチをしたり、食生活において血行をよくする食物やサプリメントを摂取するなどの方法があります。納豆とかね。

基礎代謝がアップすると、特別な運動をしなくても、普段の生活で「寝ている間」でさえ痩せることができる様になるのです。要するに体質を太りにくく変えていくことができるのです。

よく聞かれると思いますが、世界のトップモデル達は、常日頃から太りにくい体質を心がけており、その一番の方法として、まず、「筋力トレーニング」を一番にあげます。

年齢別基礎代謝量とエネルギー所要量
年齢
基礎代謝量 (kcal/日)
男 ・ 女
エネルギー所要量(kcal/日)
男 ・ 女
18~291,550  1,2102,000  1,550
30~491,500  1,1701,950  1,500
50~691,350  1,1101,750  1,450
70以上1,220  1,0101,600  1,300
厚生労働省「第6次改訂日本人の栄養所要量について」



■ダイエットおすすめ商品
■ダイエットの基本と知識
関連記事

PR

痩せたい人のダイエット指南書

人気ダイエット商品、ダイエットの基本から裏技まで、健康的に痩せたい方のための効果的なダイエット法をご紹介しています。
サイト運営者:Hiromi
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス