元相撲の「KONISHIKI」120キロ減!ダイエットに成功!

KONISHIKI「120キロ」ダイエット「日本であまりやってない」手術

私、テレビで見ました。かなりインパクトを感じるほど「激痩せ」されていました。でも、とても健康的にやせているように見えたし、どちらかというと下半身より上半身の痩せ方が目立ったように感じました。

でも、120キロのダイエットに成功されたというのは、ものすごいことですよね。「KONISHIKI」さんが「以前のような体だったら、今はもう生きていないでしょう。」と言っていたのが印象的でした。

その。「KONISHIKI」さんが、ダイエットの為に受けられた減量の為の手術というのが「ガストリックバイパス手術」というアメリカでは、とても流行っているダイエットにはものすごく効果のある手術だということです。

肥満が半端で無い人のダイエットに成功した後のケアもまた、大変らしいですね。人間の皮膚はそんなに縮ま無いらしいから、たるんだ皮膚を除去する為の整形外科手術も必要なのだと。何かと苦労が多いようです。

元力士のKONISHIKI(45)が、最大303キロあった体重を178キロに、120キロ減量したというのだ。赤江珠緒が「ビックリしました。激変でしたね」と口にすると、鳥越俊太郎も「まだ180キロ近くあるので下半身には肉がついているけど、ふつうの人の顔立ちになって雰囲気が変わった」と言う。

KONISHIKIによると、大減量できたのは2008年2月ハワイで、ガストリックバイパスなる手術を受けたから。この手術について、中原英臣(医学博士)は「胃の縮小手術。胃を小さくするので物が食べにくくなる。日本ではあまりやっていない」と説明する。

手術直後、彼の胃はゴルフボールほどに小さくなって、水もろくに飲めなくなり、持病の痛風は悪化、古傷以外にも体のあちこちが痛み、夜も眠れなかったという。その苦しさを支えたのが、妻千絵。「この減量手術は本人1人では乗り越えられない。サポートがすごく大事。心配するな、仕事はどうでもいい、ダメだったら家を売ればいい、という強い味方が傍にいたからやりがいがあった」と夫は語る。

減量以後は、2人で立てるようになったキッチンで料理をつくるなど、いっしょに家事をこなしているそうだ。2人揃って外出できるようになったともいう。きのう(6月17日)発売されたKONISHIKIのアルバム、ハワイアンソングを集めた「コニーアイランド」では、ソロ歌手として活躍する愛妻とのデュエット曲も聞けるらしい。
J-CAST テレビウォッチ



ガストリックバイパス手術(Gastric Bypass)について
胃を小袋に分けて、その小袋に小腸を吻合(ふんごう)するのです。食べ物が流れる小腸の途中に、胆汁と膵液が流れるようにもう一方の小腸の端を吻合します。腹部を大きく切開することなく5mmから1cm程度の切開を数カ所おくだけの患者さんの体にやさしい手術で、少量の食事の摂取で満腹感を得ることが出来るわけです。その効果は絶大とされ現在、重度の肥満で悩まれてる方の減量手術としてアメリカでは最も多く行われている手術とされます。

Konishiki and Taupou on "Ladies 4" 1/4


関連ページ
■旬のダイエットニュース~ダイエット関連ニュース
 ◆ダイエット指南書~基本と知識
 ◆【サイト案内】効果的なダイエット指南書
 

PR

痩せたい人のダイエット指南書

人気ダイエット商品、ダイエットの基本から裏技まで、健康的に痩せたい方のための効果的なダイエット法をご紹介しています。
サイト運営者:Hiromi
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス