「飲んで痩せるだけ!!!」のダイエットサポート法

1日たった4粒のダイエットサポート!世界7カ国で特許取得

「太る原因」に着目し、脂肪細胞を狙い撃ち【セルスリムダイエット】

普段の生活リズムでたったの4粒で無理なくダイエット!

農林水産省所管の研究機関で開発【特許実施許諾】を受け堂々発売!

太っている人と痩せている人の違いは脂肪細胞の大きさでした。「最近、太りやすいんです。」それは年齢?運動不足?食事制限ですか? 食べ過ぎで余ったエネルギーは脂肪になり脂肪細胞に蓄えられ大きくなります。これが「太る原因」といわれています。 脂肪細胞の数は、ひとつひとつの細胞(セル)が小さくなればやせ、大きくなれば太ります。セルスリムダイエットはここに着目し特許を習得した研究に基づき、開発されました。

脂肪細胞とは脂肪の合成や分解、蓄積をおこなう細胞で、この脂肪細胞の脂肪蓄積量が増大すると肥満になります。いきのよい脂肪細胞であれば、ダイエットをすれば活発に代謝して減るほうに動きますが、代謝のわるい脂肪細胞は半分死んでいるも同然なので、なかなか減ってくれません。

そして、動きのわるい組織となった脂肪細胞には、その周囲にかさぶたのようなものができて線維化してしまいます。皮膚の表面はみにくいデコボコ=セルライト。セルライトは局所的な代謝の悪化そのものです。また、代謝が悪化した部分部分の集まりは、全身の代謝をも悪化させる原因にもつながっています。


■サプリメント・デトックス系 ダイエット/おすすめ商品

腸内環境とダイエットの関係~ダイエット指南書

ダイエットは、まずは、腸内環境を整えることから

腸内環境の改善は、健康な体には、不可欠です。 一般的に、私達の腸内には、100種類もの腸内細菌が、住み着いているといわれ、なんとその数は100兆個にも達すると云われています。 その腸内細菌のことを「腸内フローラ」といいますが、ちょうど顕微鏡で観ると「お花畑」(=フローラ)のように見えることから、そのように云われています。

 腸内細菌は、その働きによって大きく3種類に大別されます。

それは、体に良い影響を与える「善玉菌」、悪い悪影響を与える「悪玉菌」 そして、時と場合によって、どちらにも働いてしまう「日和見菌」の3種類です。 「善玉菌」としてよく知られているのは、「ビフィズス菌」ですね。腸の整腸を助けます。

「悪玉菌」の代表としては、 「ウェルシュ菌」というものがあります。 私達の普段の健康な腸の中では、この2つの細菌がいつも闘いを繰り広げているのです。従って、善玉菌が伸びれば腸内環境が良くなり、悪玉菌が伸びれば腸内環境は 悪くなるということになります。

善玉菌は病原菌と戦い有毒物質を体外に排泄し、便秘を防ぎ、体の抵抗力を強くします。

一方、悪玉菌は、腸内のたんぱく質を腐敗させて有毒物質を作り老化を早め、発がん性物質を作り不健康にします。

「病気の、大半は大腸から」と言っておられるお医者様もいらっしゃいます。 腸内環境が悪化する原因としてはストレスや食生活が主な原因となります。 従って、普段から、規則正しい食生活や、ストレスをためない環境づくりに留意し、腸内環境を整える事によって、体の抵抗力を高めるようにしましょう。 健康な体は、新陳代謝が活発になり、ダイエット効果を高める元になります。

関連ページ
■ダイエット指南書~基本と知識
 ◆【サイト案内】効果的なダイエット指南書
 

半身浴~エクササイズ系ダイエット

手軽で簡単に続けられる半身浴 はダイエットと冷え性にも効果的

 半身浴は、手軽に毎日続けられて、ダイエットに効果が期待できます。また、冷え性などにも効果的といわれおススメです。正しい「半身浴」の方法は、体温よりすこし高い程度の「37度から38度」の温めのお湯に入ることです。

日頃、42~44度程度のやや、熱めのお風呂を好む方には、最初は、かなりぬるく感じるかもしれません。入浴は、心臓や肺に水圧がかからないように、必ず胸から下だけをお湯につけるようにします。

腕は湯船から出してリラックスした状態で、20分から30分そのままで湯船につかり、じわっと、汗が出てくるのを待ちます。汗と共に、体の中の老廃物も一緒に排出され、体が、芯から温まるので、体内の血液循環がよくなります。

長く、湯船に使った状態になりますので、退屈な場合は、本を読んだり、音楽や、ポータブルの防水機能のついたテレビなど持ち込んで楽しむのも、ストレス解消と心身のリラックスにつながりますのでおすすめです。

「半身浴」は、ダイエットに効果的とされていますが、やはり、基本的には、なるべく続けることが望ましいので、中々、ゆっくりお風呂に入れない方には、向いていないかもしれません。ハーブや入浴剤などをお湯に入れるのも良いでしょう。

半身浴を続けることににより、新陳代謝が活発になり、毛穴が目立たなくなった、肌がきれいになったという方も多いと聞きます。また、冷え性の女性は、湯船から出た後も長時間体が暖かいままなので、ぐっすり眠ることが出来、寝つきが良くなったという結果もあります。

熱いお湯に、つかるよりも、ぬるめのお湯に長く、入ることは、体に負担をかけることなく、健康に良いということがわかっていただけると思います。

■エクササイズ・運動系ダイエット / ダイエットの種類と解説
■ダイエットの基本と知識
■健康ダイエット/情報と話題

セルライト

「セルライト」は一言でいうと「脂肪の塊」という意味です。

もともとの由来は、フランス語で、「cellulite」で、細胞という意味の「cellule」と鉱物を表す接尾語「ite」で出来た言葉です。

体の血行が悪くなると、皮下にある脂肪細胞の代謝が衰えてきます。

そうすると脂肪細胞が肥大化し、脂肪同士や老廃物と絡み合って「セルライト」に変化するといわれています。

「セルライト」ができると脂肪部分に厚みがでてきて、肌が凸凹になります。セルライトは症状が悪化すると肌の表面がオレンジの皮のように見えるため、「オレンジピールスキン」と呼ばれることもあります。

ただし表面がデコボコになるのは、かなりセルライトの症状が進行してからです。

実際は見た目にはわからない状態でもセルライトが生成されている場合が多いのが特徴です。

セルライトは老廃物の凝り固まっているため、通常のダイエットなどでは取り除くのが困難なため、セルライトを除去を目的とした対策が必要になります

セルライトは女性に多く見られます。なんと女性の8割には、セルライトがあるといわれています。

これは男性に比べ女性の方が脂肪分が多いためです。「セルライト」は、脂肪の多い箇所にできやすい特徴があり、体の中でも皮下脂肪が多い太もも・ふくらはぎ・お尻などのセルライトで悩む方が多いようです。

他にもお腹や二の腕などはセルライトのつきやすい場所です。

またセルライトは、血行が悪くなると発生しやすくなるために、女性の中でも運動不足になりがちな成年女性の場合セルライトが多く見られる傾向があります。

デトックス(解毒)ダイエット~フード系ダイエット


体からの毒素の排泄はダイエット、健康促進につながります。老廃物や不純物が体内に溜まると健康を損なう恐れがあります。デトックス(解毒)ダイエットとは、体に溜まった毒素をサプリメント、解毒作用のある野菜、果物などを摂取することにより体外に排泄するダイエット法です。

特に、毒素は、「脂肪」や「内蔵」に溜まりやすく、それらを排泄することによりダイエット、健康促進になると言われています。デトックス(解毒)作用のある食品としては、にんにく、玉葱などのネギ科の植物、らっきょう、赤出し味噌汁、緑茶などがあります。

デトックスをはじめ腸内洗浄効果作用の期待できる俗に『毒だしジュース』と呼ばれる効果のあるものには、ショウガ、ペパーミントティー、オリゴ糖を適量まぜて、1日に数回飲むという方法があります。

健康な人の体内に溜まった毒素は、汗を含め多くの場合、尿や便からも多く排泄されているわけです。この体の毒素を体内に溜めずに、排出することは、健康に非常に関わることなのです。

日頃から、水をよく飲むことを習慣としていらっしゃる方がおられますが、出来るだけ尿や汗から毒素を排泄して溜めないようにすることは体の本来持っている働きを活性化し、健康を維持することになり、新陳代謝を高めることによって、ダイエット効果にもつながります。



PR

痩せたい人のダイエット指南書

人気ダイエット商品、ダイエットの基本から裏技まで、健康的に痩せたい方のための効果的なダイエット法をご紹介しています。
サイト運営者:Hiromi
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス