食べて痩せる「南優子式ダイエット」~ダイエットノウハウ情報

食べて痩せる超合理的なダイエット

食べないで痩せるのは一瞬だけだということに気付いてください!

口コミで売れ続けてきた南優子式ダイエットが販売再開!

南優子式ダイエット DVDセット

リバウンドなくいつまでもスリムでいたいのなら食べてください。
本当に食べて痩せることができるということを今すぐに知ってください。

100を超えるダイエットをしてきた「経験」痩せられなかったから、そして痩せたから得た「痩せる仕組み」食べるから痩せて維持できる南優子式ダイエットをあなたにお届けします。
南優子式ダイエット 
▼▼詳細はこちら▼▼
南優子式ダイエット DVDセット

レビュー評価:詳細★★★★★
■南優子式ダイエット
 
何をしても痩せなくなり、食べたら太る、しかも食べだしたら止まらなかった私が夢としか思えなかった「痩せていることが当たり前の人」になることができています。あなたが同じように二度とダイエットを必要としない体になるために確認して欲しいことがあります。

まず、次の3つのことをゆっくりと読んでください。

やせる=「食べない」ではない。
減量=「運動」ではない。
ダイエット=「辛い」ではない。

このような方法では一時的に体重が多少減るとしても、後にリバウンドが待っていてさらに太るという逆ダイエットでしかありません。

しかもこのようなダイエットを続けてしまうとごはんやお肉は太ると思い込んで食べたいのに我慢をしたり野菜や低カロリーのものばかりしか食べられなくなったり甘いものを食べたら自分は意思が弱いんだと落ち込んでしまったり少しでも体重が増えたからと必死に動きまくって何度も体重計に乗ったり
朝抜きや置き換えにしてはドカ食いをしてしまったり体重が落ちた、食べた、太ったを繰り返してまたやけ食いをしてしまったり。

 ・・・これでは恐怖の世界に行くための下準備としか思えません。

リバウンドなく痩せられるダイエットとはこういうものだと、今、ここで知ってください。
・・・>>詳細はこちら
南優子式ダイエット DVDセット


・書籍/ダイエットハウツー・ノウハウ関連商品

ギャル曽根、大食い大会で、優勝逃がす

ギャル曽根、大食い大会で、優勝逃がす

先日TV番組で、最近の大食いブームの大本になって番組、『元祖!大食い王決定戦』(テレビ東京系)を見たが、今や、大食いタレントの代名詞的存在になっている、ギャル曽根(22)が、準決勝で敗退した。

今回は、女性のみで行われました。番組の冒頭、ギャル曽根のコメントで「大食いは、特別な能力を持った人たちだけが出来る競技。絶対マネしないで」というメッセージを語っていたけれど、いきなりギャル曽根は1回戦から最下位通過で、苦しい立ち上がりでした。。

それでも2回戦の「ソーセージ対決」、3回戦の「うなぎ茶漬け対決」を順調にクリアしたギャル曽根。
準々決勝の「ココナツエビフライ対決」は、「ココナツが苦手」でまたも大苦戦するが、辛くも勝ち抜いた。

そして、行われた準決勝の「ステーキ対決」は空前の大接戦。計測の結果、ギャル曽根がわずかステーキ肉3gの差で敗れ、大会3連覇への夢はここで途絶えた。

ギャル曽根を押しのけ女王の座に輝いたのは主婦の菅原初代さん(44)。
2回戦以外は全てトップで通過した彼女は、決勝戦でもラーメン20杯を食べきり、2位に5杯の差をつけるぶっちぎりの優勝だった。

一方準決勝で敗れ、番組規定により決勝には「お世話係」として立ち会ったギャル曽根。決勝終了後に新チャンピオンへのコメントを求められた彼女は、「もうちょっと頑張って欲しかったですね」と煽りを入れ、次回でのリベンジを誓ったが、チャンピオンの菅原さんには「修行して出直して来い!」とあっさり一喝された。

- Ameba Newsより

こういった方たちの体の構造は、やはり特殊な体質なのだと思います。
普段からこんなに食べて、健康を害さないのか?と不思議に思います。
ただの大食いの人間が、エンターテイメントとして、なぜ、こんなにもてはやされるのか、少々理解に苦しみます。

苦労して、様々なダイエットに挑戦中の私にとっては、いくら食べても、太らない巨大な胃をもつ大食い人間を羨ましく思います。

食べても太らないダイエット !
【関連記事】:超人気ダイエットプログラム「バタフライフプログラム」(成功と失敗の法則)
 

関連ページ
■旬のダイエットニュース~ダイエット関連ニュース
 ◆ダイエット指南書~基本と知識
 ◆【サイト案内】効果的なダイエット指南書
 

【骨盤ダイエット】:骨盤矯正に有効なエクササイズマシン

テレビで大人気の芦屋美整体の「骨盤ダイエットステッパー」について

骨盤と大腿骨をつなぐ股関節は、運動不足や、日常生活の様々な制約から、もともとあったはずの広い可動域を狭められています。

この固く鈍った股関節の動きを再び開放してやることで、衰えた筋肉を鍛え、血液循環が良くなり、基礎代謝の数値も上げることができます。

これらの運動を手助けするためには、エクササイズマシンの利用が、効果的です。
最近では、骨盤矯正に有効なエクササイズマシンは数多くあります。

一般家庭用に普及しているものは、小型で場所を取らず、狭い室内でも多様な動きで、楽しみながら運動量を増やすことができます。

中でも人気度の高さ、性能の良さもさることながら、開発者の製品へのこだわりの面からもお奨めしたいのが、メディアでにおいても知名度の高い【芦屋美整体】開発の、「骨盤ダイエットステッパー」がおすすめです。


芦屋美整体「美整体骨盤ステッパー」

(美整体ステッパー 骨盤ステッパ- ひねり運動ステッパー)

これまでのステッパーに満足されていない方のための
ワンランク上のステッパーです。



「骨盤ダイエットステッパー」は、「下半身の筋肉のトレーニング」「骨盤補正」「ダイエット」の3つを同時に実行できます。
サイドステップやツイストなどといった運動が、骨盤から股関節を無理なく動かし、周辺の筋肉を鍛えられることで、ウェストを引き締め、ヒップアップの効果も期待できます。

骨盤ダイエットステッパー』を使用すると、日常では使われにくい筋肉を活性化させることが、できるというわけです。


芦屋美整体は、最近様々なメディアで取り上げられている整体院です。単なる一時的な人気やブームではなく、確かな実績に裏打ちされた、知名度の高さといえるでしょう。



■エクササイズ系ダイエット/おすすめ商品

ベリーダンス~エクササイズ系ダイエット

セクシーな腰の動きが特徴のベリーダンス

 見ているだけで、これはお腹痩せの効果があることは間違いないと思います。ベリーダンスは、女性がその持てる魅力を最大限に表現する踊りであり、膝や腰への負担も少ないため、ダイエットして、年齢を問わず楽しむことができます。

このベリーダンスは、腰を使って円を描く、8の字を描くといった、様々な腰部の動きによって表現するため、滞っていた体の機能を、再びよみがえらせます。ベリーダンスの「ベリー」とは、英語で「おなか」を意味しますが、古代オリエントを起源とする、エジプトやトルコなど中近東の民族舞踊です。

常におなかに意識を集中することは、同時に骨盤へも意識が向くことになります。ですから、ベリーダンスは、骨盤ダイエットとしても、骨盤の活性化を促し、しかも楽しみながら続けられる運動として捉えることが出来ます。

効果としては、便秘やむくみの解消、生理痛や生理不順の改善などのほか、基礎代謝が高まり、無駄な脂肪がつきにくくなります。
ショップオブザイヤー2年連続受賞!

ベリーダンスで愛される
カラダになる(DVD付)


■エクササイズ・運動系ダイエット / ダイエットの種類と解説
■ダイエットの基本と知識
■健康ダイエット/情報と話題

生活習慣、間食とダイエットの関係~ダイエット指南書

間食は、ダイエットにとっては大敵です。

そんなことは、誰でもわかっていることかもしれません。わかっていてやめられないから、ダイエットも実行する上での悩みにもつながっているのです。いきなり、やめてしまうと言うのは、かなりの意思が必要になってきますし、ストレスにもつながり、悪い影響も考えられます。

間食の習慣のあるかたは、まず、間食の内容を変えてみてはいかがでしょうか?人は、空腹でお腹が減ったとき以外に、ストレスを感じた時にも、むしょうに何かを食べたくなります。

この何かのストレスによって食欲を感じる状態の時に食べたものは、習慣になりやすい食べ物なんです。ですから、そのような時に、甘いものなど、カロリーの高いものを好んで食すると、嗜好的習慣を更に高めてしまいます。

まず、無理に間食をやめることはしないで、(あとのリバウンドで食べてしまうほうが怖いので)自分の食べ物の嗜好を意識的に変えてみる事から始めてみては、いかがでしょうか?

間食の習慣のあるかたの多くは、とくに食べたくもないのについ間食してしまう、という方が、大半であると思いますいつも、テーブルの上には何かしら適当に口にすることの出来るお菓子が置いてあったり、仕事や、テレビ、家族で雑談しながら、そうやって、なにかしながらついついお菓子を食べてしまったりする習慣のある方。

これは非常によくない習慣です。

必要以上のカロリーを摂取することになり、本来感じるべき食欲を正しく感じることができなくなってしまったりするのです。まず、見えるところや、手の届くところに食べ物を置かないようにし、どうしても食べたいと思ったときに、食べるようにしましょう。

どうしても間食したい!というときには、シュガーレス・ガムを噛むなど、カロリーが極めて低いもので、よくかむ必要があるものをおススメします。また、そんな時、歯磨きをして口の中をさっぱりさせると、何故か食べたいという気持ちが、紛らわせることも出来るかもしれません。

悪しき習慣は、そう簡単に改善できないものですね。

でも、人間にとって「間食は本来必要のないものだ」とも言われています。間食というものが、必要なものかどうか、現在の自身に問うことによって、その習慣も改善されていくのかもしれません。

関連ページ
■ダイエット指南書~基本と知識
 ◆【サイト案内】効果的なダイエット指南書
 

PR

痩せたい人のダイエット指南書

人気ダイエット商品、ダイエットの基本から裏技まで、健康的に痩せたい方のための効果的なダイエット法をご紹介しています。
サイト運営者:Hiromi
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス