デトックスダイエット~フード系ダイエット

デトックスとは解毒作用や体内の浄化という意味をあらわします。体内の汚れた部分を極力排除することによって体を維持・リセットすることを目指します。摂取された栄養分を効率よく吸収出来るようになります。

体内にたまった毒素を排出するために効果の期待できる食品を取り入れることによって、毒素を取り除くと体調や肌の調子が良くなり、便通などが改善されダイエットにも効果を発揮します。

デトックスダイエットの方法
・デトックス食材を使った食事をとりいれる。
・就寝と朝食の前にコップ1杯の水を飲む
・体の緊張をやわらげ、日頃から深呼吸をしたり、体をリラックスさせる事に勤める
・積極的な発汗・排便。排尿を促して毒素を排出する習慣付ける。

毎日の食事にデトックス食材を取り入れ、有害物質の排出促すことです。デトックス食材の効果によって有害なミネラルなどが、便や尿とともに排出されます。

デトックス効果の期待できる食材
デトックス食材として毒素を取り込んで封じ込める効果が期待できる食材

玉ねぎ、ねぎ、にら、らっきょう、にんにく、豚肉、卵、玄米、雑穀類、しょうが、コリアンダー
かき、あさり、ホウレンソウ、いわし、にんじん、レバー、アーモンド、ほたて、玄米、トマト、ブロッコリー


食物繊維を多く含む食材で毒素を体外に排出する食材<

昆布、寒天、わかめ、こんにゃく、ごぼう、れんこん、大豆、さつまいも、小豆、玄米、納豆、凍み豆腐、雑穀類など



■フード食事系・サプリメント系 / ダイエットの種類と解説
■ダイエットの基本と知識
■健康ダイエット/情報と話題

低炭水化物ダイエット~フード系ダイエット

 低炭水化物ダイエットは、炭水化物であるごはん、パンやパスタなどの小麦粉を使った食品、砂糖を使った食品を控えるというダイエット方法です。 体内に入った炭水化物はアミラーゼという消化酵素の働きによってブドウ糖に分解、吸収されます。この糖質が体内で脂肪として蓄積されやすいため、もとになる炭水化物の摂取を控えようという食事法です。

とりわけ、アメリカの循環器系医師アトキンス氏が著した「アトキンス式ダイエット法」は、糖尿病患者の治療にあたって考案され、血糖値を標準的なレベルで安定させるとともに体脂肪を積極的に分解させる献立の食事法です。 現在でもバイブル的存在として知られ、改訂を重ね世界中で延べ1900万部が今も読み続けられている一冊である。

低炭水化物ダイエットはこの糖尿病食を基本にアレンジを加えたものとされます。

ダイエット療法と進め方
 基本は、まず、目標体重を設定し、その目標体重まで、炭水化物の摂取量を1日の総エネルギー量の5%以内に制限します。 そして目標体重になったら、1週間当たり1%ずつ炭水化物の量を増やしていきます。 しかし、ここで注意していただきたいのは、炭水化物をすべて禁止することは体の栄養面から危険ですので、無理をせずある程度まで抑えることに心がけましょう。

低炭水化物は、つまり主食の「ごはん」さえ抜けば良いという単純なことだけでは、摂取エネルギーの不足によって、代謝が低下しホルモンバランスを崩しかねません。 ですから、毎日の食事の中で、主食の部分を減らし、バランスとバラエティに富んだ美味しいメニューが必要です。

重要なのは糖質をカットして脂質や高タンパク質中心にすることなのです。そして脂質分解に必要な栄養を多く摂取することになるのです。このようにして考えるとこのダイエット法の全体が見えてくると思います。要は、栄養バランスが重要なのです。

低炭水化物ダイエット成功のポイント
 重要な点は、単に炭水化物を控えるだけでは無く、炭水化物を控えた上で「バランスのとれた食事」を心がける必要があります。 しかし、初心者には、自分で「バランスのとれた食事」を考慮したメニュー作りは、簡単ではありません。

一番いいのは、夕食だけ炭水化物抜きにして、食事量を減らす方法です。朝と昼は炭水化物を食べてもいいのでストレスも溜まらず、栄養的にも偏らりません。一番体がカロリーを溜め込みやすい夕食を炭水化物抜きで軽めにすれば、それだけで効果が出る人もいます。あまり極端に炭水化物を減らしすぎないのがポイントでしょうか。

まず、始めるために食材についての栄養とカロリーについて基本的な知識を得るこをおすすめします。最近では低カロリーで栄養たっぷりのダイエットレシピを紹介するサイトや本がたくさんあります。参考にして毎日の献立に上手にとりいれていくことが成功のカギです。

■フード食事系・サプリメント系 / ダイエットの種類と解説
■ダイエットの基本と知識
■健康ダイエット/情報と話題

チョコレートダイエット~フード系ダイエット

チョコレートとダイエットというと、あまりイメージとして結びつかないと思いますが、チョコレートには、その中に含まれる成分にダイエットの効果が期待できる成分(ポリフェノールなど)が多く含まれ、脂肪が血液中に残るのを防ぎ、体脂肪率を上がりにくする働きがあります。

チョコレートに含まれるカカオバターは、脂肪の吸収率がよいため同じカロリーのものなら、チョコレートを食べた方が肥満につながりにくいと言われています。また、食前にチョコレートを食べると、血糖値がすばやく上昇するので、食欲が抑えられるのも肥満の予防につながります。

カカオの成分には、他にポリフェノールと呼ばれる成分が多く含まれ、その効果である抗酸化作用により、動脈硬化の予防、ガンの予防、ストレス対策、アレルギー対策などのすぐれた効果も期待できます。

チョコレートダイエット方法
 基本的に、ダイエットとしては、効果もかなり期待できますし、更に非常に続けやすいという点が挙げられます。まず、三食きちんとバランスのとれた食事を前提に、食欲のある人は食前に、食事の量を減らしたいときは食べ終わったあとに、カカオの含有量が70%以上のチョコレートを1日50g(板チョコで半分)の量を食します。

注意していただきたいのは、チョコレートは、低カロリー食品ではありませんから、効果を期待するあまり、食べ過ぎに注意する必要があります。

■フード食事系・サプリメント系 / ダイエットの種類と解説
■ダイエットの基本と知識
■健康ダイエット/情報と話題

野菜リセットダイエット~フード系ダイエット

肉や魚、卵、乳製品を取らず野菜を使って体質改善を図るダイエットです。

野菜リセットダイエットの基本
 動物性食品を取らないことが基本です。野菜に含まれいてるビタミン、ミネラル、食物繊維、抗酸化物質などで体内環境が整えられ、体重も自然に減っていきます。

野菜リセットダイエットを続ける為のポイント
・1週間に30品目以上の野菜をとるように心がけ、・卵、肉、魚介類、乳製品を一切とらない。
・調理する時に極力油を使わない

野菜リセットダイエットを続けるポイントは、いきなり動物性食品を中止することは、なかなか難しいので、初めは肉を食べるのを週2,3回にするなど、すこしづつ、ゆるやかな制限からはじめるのが、実効的です。目標として1ケ月に1から2キロを目安にしてみてください。

動物性食品の摂取を徐々に減らしていく。

まず肉と卵、慣れてきたら乳製品、最後に魚介類をやめるなど、徐々に動物性食品を減らしていくことがポイントです。

工夫して摂取する野菜の種類を増やす
1週間に30品目を目標にして、野菜のほかにも穀物、豆類、いも類、海藻類、きのこ類、果物などバランスよくとり、外食するときなどは、魚介類抜きのメニューとして、そばやうどんなど、比較的和食中心にメニューを意識する。

■フード食事系・サプリメント系 / ダイエットの種類と解説
■ダイエットの基本と知識
■健康ダイエット/情報と話題

おからダイエット~フード系ダイエット

昔から美容に良い物として使われてきた「おから」。「おから」とはご存知の通り、豆乳を絞った後にできる絞りカスのことです。低カロリーで大食物繊維、タンパク質、脂質、カルシウム、ビタミンB1などを豊富に含んだ理想的な栄養食品なのです。

おからの栄養素について
(1)大豆たんぱく質とイソフラボンが、血中コレステロール値を低下させ、動脈硬化や脂肪肝を防ぐ。
(2)不溶性の食物繊維が便秘予防、発ガン性有毒物質の吸収予防に貢献する。
(3)イソフラボン、サポニンが脂肪の吸収を抑制する。
(4)低カロリーでダイエット効果が期待できる。

などですが注目すべきは「不溶性の食物繊維」です。

おからの「不溶性の食物繊維」について
おからには水にとけない不溶性の食物繊維と、水にとける水溶性の食物繊維の2つがあります。おからに多い食物繊維は不溶性なで、胃腸の中でとけず、水分を吸収して量がふえ大腸の内部の流れをよくします。便の移動が早まり、脂肪の吸収を抑える効果があるため、ダイエットにおおいに役立ちます。

おからダイエット方法
おからチャーハンやおから入りオムレツなど通常の食事のレシピに入れていく、ダイエット食品などを使うのが一般的です。

■フード食事系・サプリメント系 / ダイエットの種類と解説
■ダイエットの基本と知識
■健康ダイエット/情報と話題

PR

痩せたい人のダイエット指南書

人気ダイエット商品、ダイエットの基本から裏技まで、健康的に痩せたい方のための効果的なダイエット法をご紹介しています。
サイト運営者:Hiromi
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス