ダイエットの語源

 ダイエットの定義とについては、狭義において、美容と健康を取り戻し、維持するためにするために、食事において量や種類を制限することとされています。

ダイエットの語源はギリシャ語で、「生き方」「生活様式」などの意味をあらわし、英語の訳では「日常の食べ物」「適切な食べ物」などとされています。

ダイエットなるものの本質とは、基本体重をオーバーしてしまった自身を美しく健康的に痩せて健康を維持するものであります。

また、その健康を維持するためにも、これまでの習慣を見直すことによって、体質を改善し、新陳代謝および基礎代謝を上げることを目的とするものです。

そうすることによって、太りにくい体質と習慣を習得するのです。

体質を改善し、新陳代謝および基礎代謝を上げるためには、体の中の毛細血管(微小循環)の血流の改善と付いてしまった脂肪を燃焼させるこの2つがダイエットを成功させるための重要なポイントになります。

ダイエットの基本に従った、方法は、現在では肥満のための食事制限、運動をする、美容のために体重を落とすなど極限定された特化した意味に変わってしまったように思えます。

本来の語源に従ったものであるならば、生活の一環として日常生活の中で、自然に改善されるべきであり、無理なく自然に続けられるものでなければなりません。

体や、精神に悪影響や、ストレスを与える無理なダイエットは、根本的な解消が難しく、心身に様々な害をもたらしす事は、最近では良く知られている事情です。

ダイエットする事によって健康の維持と増進につながるものでなければ意味がありません。

アーユルヴェーダ:アジアの三大伝統的医療でのなかのひとつ

 「アーユルベーダ」のほかに「漢方」、「チベット医学」がアジアの三大伝統的医療とされています。「中国の漢方医学」「チベット医学」と同様に世界保健機構(WHO)が、正式に奨励している東洋医学の一つです。  

日本でもよく聞く言葉として、この「アーユルベーダ」が定着してきました。

「アーユルベーダ」に関したオイルマッサージ、アロマテラピーなどが、テレビや雑誌などのメディアにおいて頻繁に紹介されています。

アーユルヴェーダとは人間が、肉体的にも精神的にも健康に過ごすためのインド5000年の歴史を有する伝承医学であります。

アーユルヴェーダの語源については、サンスクリット語である、「YUS」生命の科学の意と「VEDA」寿命の科学”の意の2つの言葉が、合わさった造語とされています。

人間が心身ともに健康で幸せに生きていくこと”を教える学問です。

アーユルヴェーダは体質の医学ともいわれ、個人がもっている体質を重視し、その体質に合わせた健康増進を図る療法です。

アーユルベーダは、インドが発祥となっていますが、元を更に辿れば、中東からの影響も受けているようです。

新約聖書の中にに出てくる、香油(balm)は、アーユルベーダの療法のひとつといわれています。

漢方とも体系的に似ているような感じがします。従って薬草にも似たものが存在します。

現代のアーユルベーダは、かなり医学的な実証を積んできて、現在では米国の医療学会に認められているのですが、日本などでは厚労省の認可の関係であまり盛んにはなりません。

治療薬としての役割は減ってはいますが、糖尿病の薬草(ガルシニア)などは、いまだに、民間で健在ですね。

人間の体質をヴァータ(風のエネルギー)、ピッタ(火のエネルギー)、カパ(水のエネルギー)の3つのドーシャに分類し、療法も体質に応じて行われます。


これは宇宙や人間の大本となる、5つの元素、空・風・火・水・地のエネルギーの割合に基づいています。


「ヴァータ」風のエネルギー

風のように軽く、動きのある乾燥したイメージ。フットワークが軽く、多趣味でおしゃべりが好き。バランスが崩れると頭痛、腰痛、便秘、関節痛になりやすい。規則正しい生活を続け、忙しい心を鎮めることが大切です。

「ピッタ」火のエネルギー

火のように燃える活動的なイメージ。リーダーシップを取り、知的で鋭い。バランスを崩すと肝臓、皮膚病、感情的になりやすい。静かで落ち着いたものに触れ、刺激物や熱い物を避ける。

「カパ」水のエネルギー

水のように重く、冷たく動きのないイメージ。変化を好まず、眠るのが好き。バランスを崩すと太りやすくなり無感動になりやすい。身体を動かし、刺激物や活動的なことに触れる。

セルライト

「セルライト」は一言でいうと「脂肪の塊」という意味です。

もともとの由来は、フランス語で、「cellulite」で、細胞という意味の「cellule」と鉱物を表す接尾語「ite」で出来た言葉です。

体の血行が悪くなると、皮下にある脂肪細胞の代謝が衰えてきます。

そうすると脂肪細胞が肥大化し、脂肪同士や老廃物と絡み合って「セルライト」に変化するといわれています。

「セルライト」ができると脂肪部分に厚みがでてきて、肌が凸凹になります。セルライトは症状が悪化すると肌の表面がオレンジの皮のように見えるため、「オレンジピールスキン」と呼ばれることもあります。

ただし表面がデコボコになるのは、かなりセルライトの症状が進行してからです。

実際は見た目にはわからない状態でもセルライトが生成されている場合が多いのが特徴です。

セルライトは老廃物の凝り固まっているため、通常のダイエットなどでは取り除くのが困難なため、セルライトを除去を目的とした対策が必要になります

セルライトは女性に多く見られます。なんと女性の8割には、セルライトがあるといわれています。

これは男性に比べ女性の方が脂肪分が多いためです。「セルライト」は、脂肪の多い箇所にできやすい特徴があり、体の中でも皮下脂肪が多い太もも・ふくらはぎ・お尻などのセルライトで悩む方が多いようです。

他にもお腹や二の腕などはセルライトのつきやすい場所です。

またセルライトは、血行が悪くなると発生しやすくなるために、女性の中でも運動不足になりがちな成年女性の場合セルライトが多く見られる傾向があります。

コタラヒム


トチノキ科に属するスリランカだけに自生する植物で、枝は、二股に分かれながら成長していきます。

樹皮は青白い黄色をしており、若い樹皮の部分は滑らかで、向かい合った葉は6cmから12cmの卵型をしていて、4月から5月に花を咲かせます。

成長するまでには7年を要し、この成長期の原木の根と葉を除いたものが「コタラヒムエキス末」に使用されています。

コタヒラムには、次のような効用があります。


・肥満防止やダイエット

・血糖値の上昇を抑制

・便秘の解消



PR

痩せたい人のダイエット指南書

人気ダイエット商品、ダイエットの基本から裏技まで、健康的に痩せたい方のための効果的なダイエット法をご紹介しています。
サイト運営者:Hiromi
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス